Make your own free website on Tripod.com

 

The World of HAGE紀行


序章

40mb4時間かかるDLを終え、ついにT4Cを手に入れた

さっそく起動してキャラクターを作ることにする

diabloっぽいらしいのでdiaキャラの名前を使いGALDと命名(♂)

次になにやら難しい質問される

とりあえず全部強そうな答を選ぶ

(強さを探求するとか戦いが人生とか)

その後能力値が勝手に決まりやっとゲーム開始となる

 

第一章

始まると何やら教会のようなところだ

何人か人間が見える

そのなかでも一際目立つヤツが!

そいつはハゲでしかもふんどし一丁

うわ、まさか!?とおもったがそれが自分だった

私のクリックに合わせ動くふんどしハゲの彼

う〜ん、なんかハゲっぽい選択肢えらんだかなあ?

とりあえず服は最初から持っているようだったので着込む

すこし文化人らしくなった(ハゲだが)

周りを見ると普通の人(髪がある)に混じりちらほらと武装したハゲが...

普通人はほっとくと黙ってるが武装ハゲ達は盛んに会話している

どうも普通人はNPC(つまりCPUキャラ)でハゲがPC(人)のようだ

わかりやすいが...、しかし何故みんなハゲなのか!?

そこで手近な人(ハゲ)に聞いてみる

"Why do we have no hair ?"

ちょっといい服着た彼によるとどうも

β版の仕様制限で髪型が選べないのだそうだ...

なるほど、髪はやしたきゃ製品かえって事ね

しかしよくみると兜で頭の見えないPCもいる

「よーし、フルフェイスの兜を探してハゲを隠そう」

こうして若ハゲGALDのヅラ探しの旅が始まる

 

第二章

とりあえず今いる町を知るためにそこらをふらつく

なかなか広い町で家も人も多い

いきなり人家に入ってイスや食べ物を盗む

で、売ろうとしたが売れなかった、残念

そうしてふらついていると広場らしきところに出る

そこにバカデカイ竜がいた

うお!、デカイ、家サイズ

殺されるかと思ったがよくみると捕獲されているようで

そこから動かない、ひとしきり眺めて立ち去る

どんどん歩いて行くとなんだか郊外っぽくなって来た

ヤバイかな〜?と思っていると案の定、

赤い子鬼みたいなの(ゴブリン)が現われ迫ってくる

「ふん?ゴブリン?蹴散らしてくれる!」

戦闘システムもよく分からないまま接敵する

見る見るボコボコにされて行く

逃げようとしたところもう一匹現われはさまれる

こうしてGALDはいきなり天に召されたのであった

と思ったらあっさり教会で目を覚ます

アイテムや金も減っていないようだ

「ドラクエ的死に放題ゲームか?」

とりあえず雪辱できそうもないのでもっと敵の弱いところに行く事にする

他のハゲから色々話を聞くと最初の教会の地下が

初心者の練習場的ダンジョンなのだそうだ

さらにその人は復活直後でボロボロのGALDを

魔法で癒してくれた、いい人だ〜(ハゲだけど)

こうして元気になり、さっそく教会地下の階段を降りて行くのであった

 

第三章

暗かった

 

第4章

ここに来て気付く

おれってごっつー弱いのでは!?

同じレベルの人より能力で数段劣る

どうも、開始時のステータスが非常に低かったようだ

 

終章

さようならGALD

君のことは忘れない

教訓

ランダム決定の数値は納得行くまで振り直そう!

 


戻る